工務店で家を建てるなら!家づくりで知っておきたい知識と失敗しない方法などをご紹介

こちらのサイトは、注文住宅で家を建てるとき依頼先を工務店にしたい人向けに家づくりで知っておくと役立つ知識や失敗しないための方法について分かりやすくご紹介しています。
ハウスメーカーと比べるとコストを抑えることができる特徴があるといわれているけれども、その理由はどのようなことなのかご存知でしょうか。
また、地元の会社に依頼した際に掛かる工期の目安などにも触れているためこちらを参考にされることをおすすめします。

工務店で家を建てるなら!家づくりで知っておきたい知識と失敗しない方法などをご紹介

工務店は、地元に精通している地域に密着している会社で、技術の差はあるけれども長年地域で家を建てている会社などでは評判もありますし、モデルハウスなどはないけれども建設中の家があるときなど見学させて貰えることも少なくありません。
また、工務店はハウスメーカーとは異なり完全オーダーメイドの注文住宅を建てることもできますし、家づくり家でなく家が完成した後のメンテナンスやリフォームなどにも対応して貰える長い付き合いができる会社です。

工務店とハウスメーカーの違いとは

工務店とハウスメーカーの違いは、提供しているサービスと事業規模にあります。
元々、工務店は小さな範囲でサービスを提供している店舗です。
事業形態も必ず建設業に携わっているというわけではないので、リフォームや下請けとして幅広い対応を行っていることが多いです。
一方で、ハウスメーカーというのは全国規模に展開している大手の企業のことを指すことが一般的です。
この会社は、全国で支店を設けていることが多く、そういった店舗で提供されているサービスを誰もが安定して利用できるように準備を整えています。
そのため、サポートが非常に充実していて初心者でも問題なく相談できます。
工務店を利用したい人は、特にその地域で優良な店舗を探すのが得策です。
地域密着でサービスを提供できるのが強みであるため、独自色の強いサポートを受けられます。
実際に、工務店は小規模が基本なので顧客への対応がより深くて真摯になっていることが多いので利用するメリットは多いです。

地元で多くの住宅を手がける地域密着型の工務店

地域密着型で魅力的なサービスを提供できるのが、工務店の良い点です。
普通、工務店は色々な業務形態でサービスを提案できる店舗であるため実際に相談をする場合には必ずその内容を確認しなくてはいけません。
ただ、共通しているポイントも存在します。
それは、自社経営で小規模経営を行っている店舗は、地域密着型でサービスを提供していることがほとんどだという点です。
工務店は、その地域の特性を生かした魅力的なサポートを行えます。
例えば、暮らしたいと考えている地域がある場合底で住宅建設を行う際にはまず土地を見つけなくてはいけません。
特に、注文住宅の場合は土地探しを自分自身で行う必要があるためそのための準備が必ず必要です。
こういった、土地に関連する有益な情報提供を行ってくれるのも工務店です。
そこから、本格的な設計や建設の交渉を進めていくことができるのでとても有意義です。
他にはない、自分達だけの理想の物件を建設できます。

全国に工務店を持つフランチャイズ型工務店

工務店と言えば自社で家の設計・施工・アフターフォローまでを完結させる店舗が多いイメージがありますが、ハウスメーカーとフランチャイズ契約を締結しているところもあります。
このタイプの工務店の大きな特徴は、ハウスメーカーが開発した住宅ブランドを営業エリアで安定的に供給できる点であり、メーカー側にもメリットがあります。
利用者目線に立ってメリットとデメリットを検討してみましょう。
この点、ハウスメーカーの住宅ブランドはカスタマイズしにくいデメリットがありますが、耐震性・通気性・断熱性などの住宅機能に優れており、施工が比較的容易に行えますから、バランスが取れた家づくりが実現されやすいです。
また、ハウスメーカーに依頼するよりもフランチャイズ型工務店にお願いした方が、施主側が負担する費用も安くなる可能性が高いとされます。
なぜなら、ハウスメーカーと直に契約をすると施工は複数の工務店にお願いする形式になることが多いので、仲介手数料や紹介料といった中間マージンの額が大きくなりがちです。

対応エリアが多く営業店も多い工務店

対応エリアが広くて営業店が多い工務店を選んだほうが、のちにアフターフォローに対してエリアが広いために、色々な範囲で保証をしてもらえる地域密着型が多いのが特徴といえそうです。
どちらかというと地域密着型というイメージを受ける工務店ですが、社長が自ら職人として現場で腕を振るったり、家を建てる時に自分で修繕したりといったイメージを持っている人も多いことでしょう。
しかし近年は小規模だけでは説明がつかなくなっており、広範囲にわたって活躍している工務店さんもたくさんあります。
地域での中堅ビルダーなど積極的な営業を行う工務店も増えてきているのです。
独自の開発をして、自社で開発展開している会社さんもあります。
規模や営業スタイルにも規模があるように、施工エリアが限られている会社も多くある印象です。
あとはプランの自由度が高いので、床にムク材を使用したいという場合はなど、プランの自由度は高いのを強みとしています。

工務店で家を建てる時の相場と費用感

夢のマイホームとして、希望を取り入れてもらえる自由度の高い注文住宅を希望するならば、ハウスメーカーよりも工務店を選ぶという方は多いです。
ただ初めて家を建てるなら特に工務店で家を建てる場合の相場や、費用感を事前に確認しておくと予算に応じた家作りを行うことができます。
工務店で家を建てる家の坪単価は約50万円だといわれており、ハウスメーカーを利用する場合平均で75万円から90万円台後半となってくるので、安く抑えることができることがわかります。
ではなぜ割安価格で家を建てられるのかというと、規格化された標準仕様にしばられる心配がないことが大きく関係しています。
ハウスメーカーはいくつかのグレード設定をしており、グレードの中で規格がある程度決まっているので仕様変更など柔軟な対応がしにくい特徴がありました。
それに対して予算からお金をかけたいところ、仕様のグレードを下げる部分を分けることによって希望に合わせつつ予算に抑えることができるメリットがあるためです。
また地域密着の営業展開を行っているため、広告宣伝費をそこまで展開する必要がなく、住宅展示場などモデルハウス出店することも少ないため、こういった部分から建設工事費を割安にすることができます。

工務店なら建築後のサポートは手厚い?

住宅の建築後のアフターサービスについては大手ハウスメーカーの手厚さを注目する方も多いものですが、地元工務店であってもそれに遜色のないサービスを提供している例もありますから、比較検討を行うことがおすすめです。
住宅に関しては、新築後から次第に様々な部分が劣化していくことが避けられないものですので、一定の期間が経過したあとには適切なメンテナンスが必要となるものです。
大手ハウスメーカー各社では、無償の点検などのサービスが付帯されている場合が多く安心感がありますが、工務店でも地元密着型の企業である場合には、フットワークの良いサービスを受けられることが可能な場合も多いため、建築後の安心感では同様のレベルを確保できるものと考えて良いものです。
地元工務店の場合には、何らかの不具合があった場合にも即時的な対応が可能となるケースも多く、メンテナンスをこまめに行なって住宅の状況を適切に維持したい方にとっては、極めて心強い存在となることに違いありません。

工務店を選ぶ時に参考になる口コミや施工事例

家を建てるときや自宅のリフォーム工事では、地元の工務店を利用することが多いです。
ところが情報発信を積極的に行わない工務店の場合には、工事を依頼しづらいのが実情です。
しかし口コミ情報を参考にすると、ウェブサイトがない工務店でも気軽に工事を発注できるようになります。
ユーザーからの情報を参考にする場合には、特に技術力に注目するのがポイントです。
左官工事や細部の仕上げにも強い工務店は、純和風の注文住宅を新築する場合にも役立ちます。
更に良い依頼先を見つけるためには、完成後のサポート体制にもこだわるのが理想的です。
口コミ情報サイトを活用すると、万が一施工内容に不具合が見つかった時の保証についても知ることが可能です。
更に最新のユーザーからの情報は、これから住宅建築を発注するときにも役立ちます。
具体的な料金にも注目すると、工事費用が割安な発注先も選べます。
スタッフのマナーに関する情報は、近隣へのあいさつが丁寧な施工会社を探したいときにも有益です。

働いている職人により技術力が異なる工務店

家を販売することを重視するハウスメーカーやビルダーとは異なり、工務店は家を建てることを生業としています。
つまり、工務店の生命線は家づくりを実際に担う職人の技術力ということになります。
言い換えれば各社は技術力を競い合う形ですから、当然ところによって職人の力量に差があります。
良い技術者は待遇の良い会社で働く傾向が強いのは、この業界でも同じことです。
力量の差を見出す方法としては、実際に工務店を訪問して話をしてみることが最も有効でしょう。
例えば、優れた大工は木材に関する知識が豊かで、木種の特徴について熟知しています。
住宅を建てる場所の気候に合った木材を、明確な根拠を示して選び出すことができるでしょう。
また、経年による変化や強度、防虫機能など木材が持つさまざまな個性と施主が希望する住宅をマッチングすることも得意です。
このような質問を通じて、知識や技術が豊富かどうかを判断することをお勧めします。
この他に判断する方法としては、技術者の雇用形態が常用ならば安定した技術力が期待できます。
さらに、運が良ければ工務店が開催する現場見学会に参加して目で見て確認することもたいへん有意義です。

担当者がコミュニケーションを取りやすいかが工務店選びで重要

工務店選びで重視すべきポイントはたくさんありますが、担当者とのコミュニケーションが取りやすいところを選択することは不可欠と言われます。
なぜなら、工務店と一緒に造る注文住宅は非常に時間がかかり、何度も何度も打ち合わせをしなければ理想の住宅を建築する目処が立たないからです。
相性が悪ければコミュニケーションを取ること自体が億劫になり、顔を合わせるだけでも疲れてしまいます。
また、工務店は小規模経営をしていることが多いがゆえに、担当者を変えてもらうことができない場合も少なくありません。
だからこそ、人柄や信頼性、提案力や仕事への取り組み方が真剣かどうかなど複数の視点で人物性を見極める必要があります。
ポイントになるのは、話していて疲れないかどうかで相性を確認することや、一方的に営業トークをするだけでなく、利用者側が希望する住宅についての中身をきちんと聞いてくれるかどうか、さらにそれを適切に理解し、ニーズに合った提案をしてくれるかどうかなどです。
これらを把握するためには、どんな家を建てたいかなど、事前に考えをまとめておく必要がありますが、正しい工務店選びを行うためには重要な作業になります。
同じ質問を他の会社でも行い、対応を比較してみることも大切です。

工務店に関する情報サイト
工務店で家づくり

こちらのサイトは、注文住宅で家を建てるとき依頼先を工務店にしたい人向けに家づくりで知っておくと役立つ知識や失敗しないための方法について分かりやすくご紹介しています。ハウスメーカーと比べるとコストを抑えることができる特徴があるといわれているけれども、その理由はどのようなことなのかご存知でしょうか。また、地元の会社に依頼した際に掛かる工期の目安などにも触れているためこちらを参考にされることをおすすめします。

Search